お洒落にアピール!オリジナル紙袋で広告を

お洒落にアピール!オリジナル紙袋で広告を

紙袋

歩く広告になってもらう

商品を包む紙袋に自社ブランドのロゴや、企業名を入れる会社も多くなってきています。帰り道にその紙袋を持ち歩くことで自然と歩く広告として宣伝することが出来るため、多くの企業がこのような取り組みを行なっているのです。

オリジナル紙袋の製作

紙袋をフルオーダーして制作することが出来る業者があります。このような業者を利用することで、デザイン性に優れた紙袋を作り出すことができ、周囲の関心を引くことが出来るでしょう。まとめて制作依頼をすることが出来るのも魅力の一部ですね。

低コストで作成可能

オリジナル紙袋は低コストで作成することが出来ます。一枚38円で制作を行なっている業者もいるので、予算に限りがある企業にとってはありがたい存在と言えるでしょう。デザイン性とコストパフォーマンスのバランスを考えて業者を選ぶようにするといいですね。

セミオーダーとフルオーダー

フルオーダーではこだわりのある紙袋を作成することが可能です。また、セミオーダーを利用することで料金を抑えることも出来るのでどちらにもメリットがあります。予算や目的にそって業者を選び、活用していくことで業績向上に繋がるのです。

見積もり無料を選ぶ

オリジナル紙袋を製作している業者を選ぶ場合には、見積もり無料のサービスを提供しているところを選択するといいでしょう。また、複数の見積もり無料業者に依頼をすることで安くで制作をしてくれる業者を見つけ出すことも可能になりますよ。

紙袋に使われる紙素材

未晒クラフト紙

漂白のされていない未晒クラフト紙は強度が高く、紙袋らしい色合いを持っています。この素材を使用した紙袋を使っているお店としては主に、雑貨店や洋菓子店などです。色味から連想させられる自然な雰囲気はどの企業にも人気がありますよ。

半晒クラフト紙

半晒クラフト紙は、かすかに自然な風合いを残しつつも印刷などで刷られる色とうまく共存できる素材になっています。文字を書いた場合でもしっかりと発色してくれるため、店名や企業名を載せる場合に向いていますよ。

晒クラフト紙

しっかりと漂白のされた晒クラフト紙はフルカラー印刷と相性の良い素材になっています。ブランドのロゴを載せる場合にはうってつけの素材と言えるでしょう。ラミネート加工を施せば耐久性にも優れるので、加工次第で様々なメリットを生み出せます。

コート紙

コート紙はクラフト紙よりも光沢があり、高級感のある素材になっています。また写真の印刷などにも対応することが出来るので、画像から印刷する場合には再現性が高いとされています。一度折り跡がつくと目立ってしまうという難点がありますが、印刷場所を変えることで対策することが可能です。

広告募集中